都心ながら下町情緒ただよう地”文京区本郷”の女性司法書士です。会社設立・相続・遺言・成年後見手続きなど「ご相談が初めて」という方もあまりかまえずにお話しください。
わからないことは、”まず「話してみること」”が一段階め。それだけでも、少し、気持ちが、ラクに、なります。お仕事帰りの時間帯や、土日・祝日もできる限り対応します。

司法書士みろく法務事務所

〒113-0033 東京都文京区本郷七丁目2番8号善美ビル2階
東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目駅」4番出口より徒歩2分

E-mail:369-sodan@connect-k.jp

メールは24時間受付けております。

まずはお気軽にご相談ください

03-6231-5068

受付時間:9:30〜18:00(土日祝を除く)

住宅ローン借入・完済したとき

住宅ローンを借入したとき

一戸建て、または、マンションご購入を検討されている方。
住宅は生活の拠点。 家を買うことは、多くの人の”夢”でもあります。
それだけ一生に何回もあるわけではない、高い買い物です。

そのため、ほとんどの方は、金融機関で融資を受け、住宅ローンを組みます。

住宅ローンを組んだとき、かならずしなければならない手続き。
それは、 「抵当権の設定」です。

【抵当権】とは、いわゆる担保のことで、金融機関側から見て、融資した貸金の回収を確保するための権利です。

この抵当権を不動産に設定することによって、万が一、返済が滞った場合の貸金について、他の債権者より優先して代金を回収できます。
〈実際には、競売して、売却代金から充当します〉

この【抵当権】は、

つづきはこちら

住宅ローンを完済したとき

”完済”・・・よい響きですね。
返済期間が短期でも、長期でも、ほっと肩の荷が下りることと思います。

しかし!ほっとする前の「もうひと手間」。
これを忘れてはなりません。
住宅についている、 【抵当権の抹消】です。

ローンを完済していれば、もう競売にかけられることはありません。

しかし、登記簿上の抵当権をすみやかに抹消しておかないと、あとでなにかとやっかいなことになります。

たとえば、抵当権者(金融機関)が合併した場合。添付する証明書が増えます。
金融機関そのものが消滅してしまった場合は、もっとやっかいです。

もしも後々、その住宅を売却して住み替えようとしても、登記簿上に抵当権が残っていては、売却ができないことになってしまいます。

抹消手続きについて

つづきはこちら

お問合せ・お見積りはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・お見積りはこちら

03-6231-5068

受付時間:9:30〜18:00(土日祝を除く)

お問合せフォームよりご連絡いただいた方へ

ご記入いただいたメールアドレスの入力ミス等により、こちらから返信できないことがあります。
お問合せから数日経っても、回答メールが届かない場合は、大変お手数ですが、

369-sodan@connect-k.jp まで、

  • 回答メールが届かない旨
  • お名前

をご記入の上、送信いただけますでしょうか。
その後はより迅速に対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。

ご連絡先はこちら

司法書士みろく法務事務所
  ∞つながりを大切に∞

司法書士 渋谷加奈
〒113-0033
東京都文京区本郷七丁目2番
8号善美ビル2階

みろくのprofileはこちら

アクセス

・東京メトロ丸ノ内線
「本郷三丁目」駅 徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線
「本郷三丁目」駅 4番出口徒歩2分
・東京メトロ千代田線
「湯島」駅 徒歩12分

お問合せ・お見積り

 

03-6231-5068

03-6231-5106

369-sodan@connect-k.jp

受付時間:
9:30〜18:00(土日祝を除く)
FAX・メールは24時間受付けております。

アクセス・地図はこちら